読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライザップ食事みたいにおかずだけ糖質制限弁当宅配

ライザップの食事みたいにおかずだけで軽い糖質制限ができる弁当を宅配してます

わたしのおすすめランキングはこちら

1位 ウェルネスダイニング
   お試し21食セットがお得
2位 わんまいる
   無添加でえらぶならここ
3位 食宅便
   低糖質セレクトセットがおすすめ
4位 彩ダイニング
   管理栄養士さんが考えたメニュー
5位 ヨシケイの夕食ネット
   1食170円でお試し!!
6位 おまかせ健康三彩
   カロリーコントロールおすすめ

ウェルネスダイニングの宅配弁当で低糖質を意識

f:id:aladinaf2:20170417110909j:plain

f:id:aladinaf2:20170417110913j:plain

 

ウェルネスダイニングの宅配弁当で低糖質を意識

 

自炊は食事の内容を改善しやすい上に、痩せやすく低糖質な調理が行いやすいと耳にしたため、しばらく自炊を頑張っていました。
しかし、いざ自炊してみると自分のさじ加減で量なども調整できてしまうことから、特にお腹が空いているタイミングでは多量に料理してしまう上に完食してしまうほどでした。
尚且つ、毎食時にカロリーを計算しなければならないのは手間がかかってしまいますし、素人では低糖質に抑制しながら栄養のバランスに優れた食事をするというのは困難でした。
そのような状況下で頭を抱えていたところ、多忙な自分にぴったりなサービスがウェルネスダイニングだったのです。
低糖質に制限された宅配弁当という特徴に限らず、1食分がたった240キロカロリーしかないという驚きの低さです。
また、塩分に関しては2グラム程度になっていることから、スーパーマーケットのお惣菜やコンビニの弁当のような多量の塩分を摂取する心配がありません。
自炊をする身だからこそわかりますが、素人ではこれほど徹底した栄養管理を行なうというのはほぼ不可能です。
調べてみると、ウェルネスダイニングにおいては栄養管理士が事細かく成分を調査しているため、こうした素晴らしい宅配弁当が届けられるのだと知りました。
しかも、大まかに監修し計算しているわけではなく、ウェルネスダイニングで取り扱いしている宅配弁当の具材1つずつに着目して考えているのです。
つまり、何を食べても心配することはないですし、むしろ完食することでウェルネスダイニングが持つ強みを全て得られることになります。
そして、宅配弁当では食事というのは楽しいものであるという事を忘れさせないために細部まで気配りが行われているのです。
中でも、食感については重要視しているため、数ある食材を一つの宅配弁当で使っていたとしても、各々で下茹でする時間を変更するほどの徹底ぶりです。
当然、調理の仕方については具材の魅力が最大に引き立つ方法が行われています。
このように作られたお弁当というのは、低糖質をテーマにした健康的な弁当であるのにも関わらず、食欲が高まるほど美味しいのです。
ダイエット中は必然的に摂取すべき栄養価が減ってしまい、身体が疲れやすく感じてしまったり、目眩が生じることも珍しくないのですが、ウェルネスダイニングは栄養満点な状況で食べ進めることができます。
冷凍されているので、取り扱いが簡単なのも選ばれている理由と言われています。